女性の薄毛はホルモンバランスの乱れが原因

育毛+白髪に効果!↓ お得な公式サイト

女性の薄毛はホルモンバランスの乱れが原因

 

若いころは髪が多く美容室ですいていたのに、今は髪を束ねると驚くほど量が減っている・・・

 

そんなことを感じる女性は多いようですが、一般的に40歳前後から女性は抜け毛が増え髪も細くなると言われています。

 

加齢と女性ホルモンの減少が主な原因で、分け目やつむじ周辺が薄くなるのが特徴です。

 

 

このホルモンバランスの乱れは、更年期に向けて徐々に悪化するケースが多く、できるだけ早く気づくことが大切なのです。

 

若いころは生理不順などによってホルモンバランスの乱れに敏感になりますが、妊娠、出産をすでに終えた女性は意外と気づかないことが多いのです。

 

もし多少変化を感じたとしても、「歳だな・・・」「もうすぐ更年期だから・・・」と簡単に考えてしまいがちです。

 

 

このホルモンバランスの乱れいよって髪は抜けやすくなり、毛根に十分な栄養がいきわたらないことが原因で細く弱くなってしまうのです。

 

この女性特有の抜け毛は、薄毛に悩む前に気づくことが大切です。

 

つまり、「最近以前よりも髪が抜けやすい」「髪が細くなってきた」と思う前、もしくは気づいたらすぐにケアすることで、薄毛まで進行せずに済むのです。

 

 

女性にとって髪はおしゃれの一つですよね?いつまでもボリュームのあるきれいな髪を保つために。早めにケアを始めましょう。

 

 

抜け毛予防、ボリュームアップ効果のあるシャンプー選び

 

抜毛が気になりだしたら、まずはシャンプーを見直さなくてはなりません。

 

今使っているものが合わない証拠でもあるので、抜け毛を抑えてボリュームを取り戻す効果があるシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

頭皮環境を健康な状態に保つことが、将来の髪に大いに影響すると言われています。

 

ですから、特売品の安いシャンプーを使うのではなく、本当に効果のあるものを選ぶことが自分のためになるのです。

 

 

女性は、髪をきれいに見せるために、つるつるになる成分がたくさん含まれているものを選びがちです。

 

このつるつる成分や、いい香りのものは一見女性らしさや健康的な髪に見せることができますが、実際は逆の効果しかありません。

 

化学成分で作られたいるため、頭皮環境を悪化させ抜け毛や薄毛の原因になっているのです。

 

 

本当に良いシャンプーとは、髪本来の美しさを蘇らせることができるものです。

 

とは言っても、髪はすでに死んだ細胞なので、それに対してどんなに良い成分を補っても復活することはありません。

 

ですから、これから生えてくる髪をいかに健康な状態にするかが大切なのです。

 

 

そのために必要なのが頭皮環境を整えることです。

 

毛穴の汚れをしっかり落とすだけではなく、必要な保湿成分は残すことができるシャンプーが必要です。

 

これからは、化学成分に頼ることなく自分の頭皮環境を整えることで髪を守るようにしましょう。

 

 

美容師が教える頭皮環境を整えるシャンプー方法

 

美容師さんに「最近抜け毛が増えて困ってます」と相談したことがあります。

 

その方は、ヘッドスパも行うことができるため、頭皮環境やシャンプーの仕方にとても詳しい人です。

 

 

彼女曰く、ドラッグストアやスーパーで売っているような安いシャンプーは、髪や頭皮を傷めるだけで徐々に抜け毛が増えるのは当然だそうです。

 

やはり、大切な髪を守るためには、少し高くても良い成分のものを選ぶことが大切ですね。

 

選び方のコツは、化学合成成分や香料が過剰に入っていない、シンプルなものを見つけることです。

 

確かに、髪をきれいに見せるためのシャンプー選びではなく、頭皮環境を整えるシャンプー選びと考えると、おのずとどのようなものを選ぶべきか分かる気がします。

 

HALU黒髪シャンプー

100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru 黒髪スカルプ・プロ】

 

また、シャンプー方法もとても重要で、とにかくお湯でほとんどの汚れを落とすことが大切なんです。

 

シャンプーは髪ではなく頭皮をマッサージするように優しく3分程度行います。

 

きっと、シャンプーに3分もかけている人は少ないですよね?私が計ってみたところ1分でした・・・

 

すすぎはしっかりと行い、リンスやコンディショナーを使う場合は、頭皮につかないようにし髪に最低限だけ使うと良いそうです。

 

 

このように、毎日行っているシャンプー方法も正しい知識がないと、健康な髪を保つことができないのです。

 

 

当サイト限定↓特典公式ページ