雨の日は髪がペタンコ・・・防ぐ方法はある?

育毛+白髪に効果!↓ お得な公式サイト

湿度や温度で髪のボリュームが変わる理由

 

梅雨時などの湿度が高い季節には、髪の毛にボリュームが出て、酷くうねってしまうことがあります。
これは、湿度の高さで髪の毛の水分量が増えてしまうことが理由です。

 

また、湿気で逆に髪の毛がぺたんこになってしまい、ボリュームがなくなってしまう人もいます。
どちらにしても、髪の毛の水分量で普段とはボリュームが変わってしまうので、湿度が高い季節はヘアアレンジに気を遣いたいですね。

 

 

湿度だけでなく、温度が髪のボリュームに影響を与えることも覚えておきましょう。

 

ドライヤー

 

髪の毛を乾かすときやヘアアイロンを使うときには、低い温度に設定すると、髪の毛の広がりを抑えることができます。
いつも髪のボリュームが出すぎて困っているという人は、低めの温度に設定してヘアアレンジを楽しむと良いでしょう。
髪のボリュームがなくて悩んでいる人は、髪の毛を乾かすときにドライヤーの温度を高めに設定して、髪の毛の流れと反対側から風を当ててみましょう。
髪の毛をふんわりと立たせ、ボリュームをアップさせることができます。
髪の毛の傷みが気になっていて、高い温度設定を避けたい場合には、髪の毛がある程度乾いたところで冷風に切り替えると良いでしょう。

 

 

湿気に負けないボリュームアップ法

 

湿気が高いと、髪の毛は普段よりも水分量が多くなってしまい、全体的にぺたんこになってしまうことがあります。

 

髪の毛がぺたんこになると、実年齢よりも老けて見えてしまいます。

 

湿気に負けない髪のボリュームアップ法を知って、雨の日もヘアアレンジを楽しみましょう。

 

湿気でぺたんこ髪になりがちな人は、シャンプーを変えることが効果的です。
普通のシャンプーにはシリコンが入っており、髪の毛の絡まりを防ぐためにシリコンが髪の毛全体を包み込むようになっています。

 

髪の毛のパサつきを防げて良いことのように感じますが、髪の毛の重みが増してしまうため、ボリュームアップをしたいと考えている人には向きません。

 

初めて使うと多少のパサつきを感じてしまうかもしれませんが、ノンシリコンシャンプーを使うことをおすすめします。
シリコンの重みがなくなるため、雨の日でもぺたんこ髪にならずに、ボリュームを保てることでしょう。

 

また、油分の少ないスプレーを使ってスタイリングをするのも良いでしょう。
湿気を吸収しにくい作りになっているスプレーも販売されており、雨の日でもふんわりヘアーを楽しむことができます。

 

 

梅雨時におすすめの髪形

 

髪の毛が広がってしまったり、逆にぺたんこになりがちな梅雨時には、どのような髪形で出掛けたら良いのでしょうか?
ケアしやすい髪形を知っておけば、梅雨時も楽に過ごせそうですね。

 

おすすめは、ショートからミディアムの短めの髪形です。
髪の毛が長いと、湿気や気温に髪の毛の状態が左右されやすく、常に整った状態でいるのが難しくなってしまいます。

 

特に、湿気でぺたんこ髪になりがちな人は、短めの髪形にしておくことでボリュームを出しやすくなります。

 

長めの髪形だと、髪の毛の重みでどうしてもぺたんこになってしまいます。
短ければドライヤーなどでセットもしやすいですし、スプレーでふんわり感を出すこともできるでしょう。

 

また、湿気でぺたんこ髪になる人は、思い切ってパーマをかけてみても良いかもしれません。
パーマをかけてしまえば、ボリューム感がある髪形を気軽に楽しめるようになります。

 

ワックスやスプレーでふんわり感を保つことは簡単ですし、ヘアアレンジの幅も広がることでしょう。
湿気で髪の毛が広がらない人だからこそ、梅雨時にパーマをかけてヘアアレンジを楽しむことができるのです。

 

雨ばかりで憂鬱になってしまいがちな梅雨の時期ですが、ヘアアレンジを楽しんで明るく過ごしましょう。

 

ボリュームダウンの原因は他にも!こちらをご覧ください。

 

当サイト限定↓特典公式ページ